2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

2016年9月26日 (月)

さてさて、ゆこもり10月の企画展は…

2年ぶりの個展でーすhappy02

 

1610_hasegawa_doc

 

さてさて、

ゆこもり10月の企画展は…

長谷川正治 陶展Ⅴ 『いつもの器と・・・』

2016 10/1(土)~30(日) 木、金休み

作家在廊日 10/1、2、29、30 入場無料 10:00~18:00

千葉にて、制作している作家です。

2014年以来、五度目の展覧会になります。

白、橙、緑など様々な色の釉薬を使い分け、使いやすい、ありとあらゆるを作る長谷川さん。

今回も新作のカラフルでキュートな作品が出品予定です。

さらに、作家の器を使ったカフェも併設します。

是非、お越し頂き、使い心地をお試しください。

【カフェ併設のお知らせ】

会期中、長谷川さんのウツワにて、

浅間温泉グリム洋菓子工房さんのサブレ・クッキーとお茶など飲み物をセットにして、お出し致します。

(カフェセット 500円 予約不要)

長谷川正治 陶歴

1972 埼玉生まれ

1993 城西大学経済学部中退。板金工になり、同時に作陶活動

1998 第1回花の器コンテスト 奨励賞 第2回ビアマグランカイ入選 第35回浦和市展教育委員長賞 など

1999 第49回埼玉県展入選

2000 退社し、共栄窯研修生

2001 常滑市内にて制作活動開始 初個展開催 第18回埼玉陶芸財団展入選

2002 第10回花の器コンテスト入選 第1回たち吉クラフトコンペ 奨励賞 第2回金津創作の森 酒の器展入選 など

2003 金沢わん・ONE大賞2003入選

2008 千葉県富津市に移転

ゆこもりでは、2005、2007、2010、2014に展覧会開催。

出展 グループ展など多数

 

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

2016年9月25日 (日)

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅵ 終了しました♪

ありがとうございました~~~happy02

 

16090421

 

さてさて、

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅵも無事、終わりました。

ここ数年来ずっとお願いしていた「新たな試み」も垣間見ることが出来ましたgood

栢野さんのNEW STAGEに引き続き、ご期待くださいませーnote

160903

 

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅵ

1609_kayano6_doc

2016 9/3(土)~25(日) 木、金曜&9/10休み

10:00~18:00 作家在廊日 9/3、4、24、25 入場無料

昨年に引き続き、六度目の個展です。

一目見たら忘れられない作品がさらに、変化を遂げます。

今回は、マグカップなどの食器に加え、土鍋や手付き鍋など耐熱食器もお目見え。

栢野NEWワールドに、どうぞご期待ください。

~イベントのお知らせ~ ←終了しました

タイルに絵付け体験 9/3(土)、4(日) 11~16時

小皿やコースターに使える9センチの素焼きしたタイルに、カラー釉薬で絵付けをします。

費用2500円。所用時間1時間くらい。先着20名。

※エプロンなど、汚れないためのご準備をお願いします。

 

栢野紀文(かやの のりふみ)

1971 岡山県総社市生まれ

1997 岡山大学大学院教育学研究科美術教育専攻修了 滋賀県陶芸の森に研修生として入る 。朝日陶芸グランプリ受賞

1998 常滑に移る 吉川正道氏のもとで勉強

2004 独立 現在、常滑にて制作

2006、2008、2011、2013、2015に ゆこもりにて、個展開催

全国各地にて、個展・グループ展 多数

 

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

2016年9月19日 (月)

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅵ 作品紹介 その5(チタンマットシリーズ・その他)

最後は、チタンマットシリーズ・その他でーすhappy02

 

1609191

16091913

1609173

 

さてさて、

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅵ

25日(日)まで、引き続き絶賛開廊中ーnote

作品紹介の最後は、定番のチタンマットシリーズの食器いろいろ♪

1609192

16091316

吊るすこともできまーすnote

1609193

くちびるheart04

1609172

1609194

1609195

1609196

1609197

1609198

1609199

ど、髑髏…shock

16091910

花器でしたcoldsweats01sweat01

16091911

ふたもの♪

16091912

で、昨年から制作されている”こまいぬ”も出品dash

16091923

16091924

16091925

「ぬしモン」

16091926

「こまモン」

9/24(土)、25(日)は、栢野さんも在廊される予定ですので、

是非、お越しくださいませgoodwinkshine

 

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅵ

1609_kayano6_doc

2016 9/3(土)~25(日) 木、金曜&9/10休み

10:00~18:00 作家在廊日 9/3、4、24、25 入場無料

昨年に引き続き、六度目の個展です。

一目見たら忘れられない作品がさらに、変化を遂げます。

今回は、マグカップなどの食器に加え、土鍋や手付き鍋など耐熱食器もお目見え。

栢野NEWワールドに、どうぞご期待ください。

~イベントのお知らせ~ ←終了しました

タイルに絵付け体験 9/3(土)、4(日) 11~16時

小皿やコースターに使える9センチの素焼きしたタイルに、カラー釉薬で絵付けをします。

費用2500円。所用時間1時間くらい。先着20名。

※エプロンなど、汚れないためのご準備をお願いします。

 

栢野紀文(かやの のりふみ)

1971 岡山県総社市生まれ

1997 岡山大学大学院教育学研究科美術教育専攻修了 滋賀県陶芸の森に研修生として入る 。朝日陶芸グランプリ受賞

1998 常滑に移る 吉川正道氏のもとで勉強

2004 独立 現在、常滑にて制作

2006、2008、2011、2013、2015に ゆこもりにて、個展開催

全国各地にて、個展・グループ展 多数

 

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

2016年9月18日 (日)

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅵ 作品紹介 その4(半磁器いろいろ)

半磁器作品いろいろでーすhappy02

 

1609181

0007_original

(撮影:高橋康浩)

 

さてさて、

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅵ

25日(日)まで、引き続き絶賛開廊中ーnote

残り5日です…confident

作品紹介の続きは、半磁器の食器いろいろ♪

0017_original

(撮影:高橋康浩)

1609182

0020_original

(撮影:高橋康浩)

16091927

16091928

なす?ロケット??

16091930

16091931

やっぱり裏にもsign02

16091932

1609183

なぜかレンゲ…coldsweats01 小皿としていかが?

0023_original

(撮影:高橋康浩)

1609184

1609185

コーヒーサーバー&ドリッパーセット(別売りです)

1609186

1609187

1609188

1609189

穴の大きさもいろいろ♪

16091810

16091811

9/24(土)、25(日)は、栢野さんも在廊される予定ですので、是非ーwinkshine

 

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅵ

1609_kayano6_doc

2016 9/3(土)~25(日) 木、金曜&9/10休み

10:00~18:00 作家在廊日 9/3、4、24、25 入場無料

昨年に引き続き、六度目の個展です。

一目見たら忘れられない作品がさらに、変化を遂げます。

今回は、マグカップなどの食器に加え、土鍋や手付き鍋など耐熱食器もお目見え。

栢野NEWワールドに、どうぞご期待ください。

~イベントのお知らせ~ ←終了しました

タイルに絵付け体験 9/3(土)、4(日) 11~16時

小皿やコースターに使える9センチの素焼きしたタイルに、カラー釉薬で絵付けをします。

費用2500円。所用時間1時間くらい。先着20名。

※エプロンなど、汚れないためのご準備をお願いします。

 

栢野紀文(かやの のりふみ)

1971 岡山県総社市生まれ

1997 岡山大学大学院教育学研究科美術教育専攻修了 滋賀県陶芸の森に研修生として入る 。朝日陶芸グランプリ受賞

1998 常滑に移る 吉川正道氏のもとで勉強

2004 独立 現在、常滑にて制作

2006、2008、2011、2013、2015に ゆこもりにて、個展開催

全国各地にて、個展・グループ展 多数

 

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

2016年9月17日 (土)

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅵ 作品紹介 その3(耐熱シリーズ)

耐熱食器いろいろですhappy02

 

1609171

 

さてさて、

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅵ

引き続き絶賛開廊中ーnote

会期もあっsign03という間に来週末までhappy02

残り6日となりました…confident

作品紹介の続きは、耐熱食器いろいろ♪

1609031

土鍋♪

1609045

0025_original

(撮影:高橋康浩)

0026_original

(撮影:高橋康浩)

0027_original

(撮影:高橋康浩)

0053_original

(撮影:高橋康浩)

0054_original

(撮影:高橋康浩)

直火オッケーな皿もwink

0055_original

(撮影:高橋康浩)

1609044

16090420

0060_original

手付き土鍋heart04(撮影:高橋康浩)

0058_original

(撮影:高橋康浩)

0059_original

可愛いnoteなにか違うことにも使えそうhappy01heart04

 

是非、見に来てくださいナーdash

 

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅵ

1609_kayano6_doc

2016 9/3(土)~25(日) 木、金曜&9/10休み

10:00~18:00 作家在廊日 9/3、4、24、25 入場無料

昨年に引き続き、六度目の個展です。

一目見たら忘れられない作品がさらに、変化を遂げます。

今回は、マグカップなどの食器に加え、土鍋や手付き鍋など耐熱食器もお目見え。

栢野NEWワールドに、どうぞご期待ください。

~イベントのお知らせ~ ←終了しました

タイルに絵付け体験 9/3(土)、4(日) 11~16時

小皿やコースターに使える9センチの素焼きしたタイルに、カラー釉薬で絵付けをします。

費用2500円。所用時間1時間くらい。先着20名。

※エプロンなど、汚れないためのご準備をお願いします。

 

栢野紀文(かやの のりふみ)

1971 岡山県総社市生まれ

1997 岡山大学大学院教育学研究科美術教育専攻修了 滋賀県陶芸の森に研修生として入る 。朝日陶芸グランプリ受賞

1998 常滑に移る 吉川正道氏のもとで勉強

2004 独立 現在、常滑にて制作

2006、2008、2011、2013、2015に ゆこもりにて、個展開催

全国各地にて、個展・グループ展 多数

 

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

2016年9月15日 (木)

160909 「杉本博司ロスト・ヒューマン」展@東京都写真美術館(恵比寿)&(0915 追記)160909 備忘録

やっと垣間見えて来た?かも…(苦笑)coldsweats01sweat02

 

1609096

 

さてさて、

昨年もご紹介した、杉本博司さんの展覧会ですnoteheart04

2009年に杉本さんの展覧会を金沢21C美術館見て以来、

ずっと煙に巻かれている感なわけですが(苦笑)coldsweats01sweat01sweat01sweat01

昨年の千葉市美術館とは打って変わって、

展示室内の撮影不可でした…bearing

なので、説明がとてもしづらい…。

web サイトに、一通り紹介していたところがあったので、

一読してからだと、わかりやすいかも。

ただし、ネタバレしますので、見に行く方は、見ない方がよいかなー。

http://bitecho.me/2016/09/02_1127.html

まず、東京都写真美術館のリニューアルオープンとしての記念展だったということ。

1609091

恵比寿駅からずっと、リニューアルオープンの横断幕♪

動く歩道を歩いている人を軽くsign02追い抜きcoldsweats01sweat01

1609092

1609093

”TOP(Tokyo Photographic Art)”MUSEUMって、すごい名前ですよねーwink

1609094

1609095

平日なのに並んでいる…bearing

1609097

1609098

植田正治さんっheart04

1609099

キャパnote

16090910

ドアノー

入ってまず3Fロビーから(ここだけは撮影可)

16090911

16090912

16090913

16090914

2Fロビー

16090915

展示室内は、この錆びたトタン板を多用した

荒廃した雰囲気を醸し出していましたーhappy02

16090916

16090917

ショップには、NADiffさんが入っていましたーhappy01

都の施設にまで入るなんて、手広くされているなあgood

16090918

16090919

展示はというと…

まあ、面白かったですhappy01sweat01

ある意味、杉本さんらしい、シニカルで示唆に富み、退廃的で、

でも崇高さも漂わせる…typhoonshocktyphoon

う~ん、見てくださいとしか言いようのないcoldsweats02sweat01

21C美術館の時は、何をしたいのかわからずまた、

古物の扱い方を含め、ちょっとイラッpoutthunderとしたのを覚えていますがwobbly

今思えば、こういう風になるための序章だったのか…とも思えます。

写真家としてみても面白いとは思いますが、

骨董・古物を巧みに操つり、

自分の世界観を表現する「現代美術家」だと、ゆこもりは思います。

そもそも、写真家の中には田原桂一さんなど、

結構、写真家だけにとどまらない活動をされる方がいます。

そういう意味では、面白いメディアだなあ、と常々思います。

なぜ、杉本さんに魅かれるのだろう…と思っていたら、

杉本さんが素材集めの際の基準として、

「優れた精神性と眼を楽しませる技術の巧みさを持つ、

宗教的、科学的、芸術的であるもの」

としているそうで、

この「優れた精神性」とか「技術の巧みさを持つ」という文言は、

まさにゆこもりテイストsign03

そもそも、古美術商をしていたくらいだから、

「モノ」にこだわりがある訳で実際、

物の力、物が照射してくる存在の強さが、展覧会の度に滲み出ています…。

杉本さん曰く、「私は自分のコレクションを通じて、

時間という概念、過去や歴史とその意味について、その物自体から感じたいのだ」と。

この対極をなしているのが例えれば、内藤礼だと勝手にゆこもりは思っていて、

それは、縄文vs弥生以来、日本人の中に脈々と続く、

デコラティブvsシンプルの二大DNAのせめぎ合いだと思ってます(爆)

なんてことをツラツラ考えながら、しまりなくブログを終わります…wobbly

11/13までですので、是非ぜひーnotegood

 

東京都写真美術館 「杉本博司ロスト・ヒューマン」展 HP

https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-2565.html

追伸 備忘録は、改めて追記します…saddash

その他、この展覧会を掲載している記事 ↓

http://style.nikkei.com/article/DGXKZO06398840T20C16A8NZDP01?channel=DF130120166059

さらに追伸 3F展示室内には、ゆこもりが気づいた限り、少なくとも3ヶ所に仕掛けがあり、

それはある時間ごとに作動するので、お見逃しなきようsign03

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

» 続きを読む

2016年9月14日 (水)

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅵ 作品紹介 その2(グラフィティ シリーズ 撮影:高橋康浩)

高橋さんの写真でグラフィティ (落書き)シリーズですhappy02

 

0001_original

0013_original

0028_original

0057_original

 

さてさて、

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅵ10日目、

引き続き絶賛開廊中ですよーnote

あさ、あさって(木・金)は定休日ですので、

お気をつけ下さいませ…confident

作品紹介その2は、

最新作のグラフィティ シリーズを

いつも撮影してくださっている高橋康浩さんの写真でご紹介note

0009_original

マグ・カップ、大好評でーすhappy02dash

0029_original

0012_original

0016_original

0014_original

急須の名産地・常滑にいらっしゃるだけあって、使いやすいです♪

0018_original

お皿・鉢などいろいろーdash

0004_original

0019_original

0021_original

0022_original

0030_original

0031_original

0032_original

0033_original

0043_original

0044_original

0045_original

0046_original

0047_original

0048_original

0049_original

0050_original

0051_original

0024_original
花器(壺)もいろいろ~heart04

0038_original

0052_original

0056_original

0015_original

人気のフタモノ(お重)good

 

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅵ

1609_kayano6_doc

2016 9/3(土)~25(日) 木、金曜&9/10休み

10:00~18:00 作家在廊日 9/3、4、24、25 入場無料

昨年に引き続き、六度目の個展です。

一目見たら忘れられない作品がさらに、変化を遂げます。

今回は、マグカップなどの食器に加え、土鍋や手付き鍋など耐熱食器もお目見え。

栢野NEWワールドに、どうぞご期待ください。

~イベントのお知らせ~ ←終了しました

タイルに絵付け体験 9/3(土)、4(日) 11~16時

小皿やコースターに使える9センチの素焼きしたタイルに、カラー釉薬で絵付けをします。

費用2500円。所用時間1時間くらい。先着20名。

※エプロンなど、汚れないためのご準備をお願いします。

 

栢野紀文(かやの のりふみ)

1971 岡山県総社市生まれ

1997 岡山大学大学院教育学研究科美術教育専攻修了 滋賀県陶芸の森に研修生として入る 。朝日陶芸グランプリ受賞

1998 常滑に移る 吉川正道氏のもとで勉強

2004 独立 現在、常滑にて制作

2006、2008、2011、2013、2015に ゆこもりにて、個展開催

全国各地にて、個展・グループ展 多数

 

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

2016年9月13日 (火)

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅵ 作品紹介 その1(グラフィティ シリーズ)

新作のグラフィティ (落書き)シリーズですhappy02

 

16091319

Kayano7

(撮影:栢野紀文)

16091318

 

さてさて、作品紹介その1は、

最新作のグラフィティ シリーズからですsign03

1609131

急須の名産地・常滑にいらっしゃるだけあって、使いやすいです♪

1609132

1609133

16091946

16091335

16091944

マグ・カップも大好評happy02dash

16090421

16090422

Kayano9

(撮影:栢野紀文)

Kayano14

(撮影:栢野紀文)

1609134

お皿・鉢などいろいろ

16091945

裏には、何故かめがね…coldsweats01sweat02

1609135

1609136

1609137

1609138

1609139

16091310

16091941

16090310

16091311

16091312

16091940

16091942

なぜ、サインが二つ…coldsweats01sweat01

16091313

16091314

16091315

16091316

チタンマットシリーズの大皿と♪

16091317

16091320

花器(壺)もいろいろ~heart04

16091321

16091322

16091330

人気のフタモノ(お重)もありまーすgood

16091331

16091332

16091333

16091340

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅵ、

明日は10日目、引き続き絶賛開廊しますよーnote

あさって、しあさって(木・金)は定休日ですので、

お気をつけ下さいませ…confident

~160924 追記~ 

最終日前日ですが、追加作品です♪

1609240

1609242

1609243_2

 

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅵ

1609_kayano6_doc

2016 9/3(土)~25(日) 木、金曜&9/10休み

10:00~18:00 作家在廊日 9/3、4、24、25 入場無料

昨年に引き続き、六度目の個展です。

一目見たら忘れられない作品がさらに、変化を遂げます。

今回は、マグカップなどの食器に加え、土鍋や手付き鍋など耐熱食器もお目見え。

栢野NEWワールドに、どうぞご期待ください。

~イベントのお知らせ~ ←終了しました

タイルに絵付け体験 9/3(土)、4(日) 11~16時

小皿やコースターに使える9センチの素焼きしたタイルに、カラー釉薬で絵付けをします。

費用2500円。所用時間1時間くらい。先着20名。

※エプロンなど、汚れないためのご準備をお願いします。

 

栢野紀文(かやの のりふみ)

1971 岡山県総社市生まれ

1997 岡山大学大学院教育学研究科美術教育専攻修了 滋賀県陶芸の森に研修生として入る 。朝日陶芸グランプリ受賞

1998 常滑に移る 吉川正道氏のもとで勉強

2004 独立 現在、常滑にて制作

2006、2008、2011、2013、2015に ゆこもりにて、個展開催

全国各地にて、個展・グループ展 多数

 

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

2016年9月12日 (月)

160911 吉川正道 Masamichi Yoshikawa Exhibition@GALERIE hu:(名古屋)&160911 備忘録

正道さんの個展、初めて伺えましたーnote

 

16091011

 

さてさて、

名古屋へ訪問の備忘録ですnoteheart04

ちょっと所用にて、臨時休廊させて頂いたのですが、

そこはゆこもり、抜かりなく、短時間ではありましたが、

展覧会に行って来ましたcoldsweats01sweat01sweat01

これも、その所要のおかげでして

ほんと、ありがたやありがたや…weepsweat02

ご存じの方も多いとは思いますが、

吉川正道さんは、愛知・常滑陶芸界の大御所で、

今ゆこもりにて開催中の栢野さんのお師匠さんでもありますsign03

最近は、海外での展示が多く、国内ではなかなかされていないそう。

16091010

16091012

16091013

16091014

16091015

16091016

16091017

初めて見られたけど、ほんとよかったーhappy02

久々に作られたという湯のみもゲット出来てラッキーhappy02note

16091018

コロコロしていて、キュートheart04

手にしっくりくるので、愛着が湧きそうですwinkshine

展示は、24日(土)まででーすdash

GALERIE hu: 吉川正道展 HP

http://www.galleryhu.com/exhibitions/detail/?id=2183

 

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

» 続きを読む

2016年9月11日 (日)

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅵ 展示風景 その2 (撮影:栢野紀文)

絶賛開廊中~~~happy02good

 

Kayano4

Kayano13

Kayano19

Kayano14

 

さてさて、

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅵ、7日目絶賛開廊中ですよーnote

展示風景その2は、作家さんご本人撮影の写真でのご紹介happy01

まずは、いやでも目立つcoldsweats01sweat01「ぬしモン」からー。

Kayano2

Kayano16

会場を見守っています…confident

Kayano3

Kayano1

季節を先取りして、土鍋ーwinkshine

Kayano11

Kayano5

Kayano6

Kayano7

Kayano9

Kayano17

Kayano8

Kayano10

Kayano12

新作グラフィティシリーズでもフタモノは人気ですnote

Kayano15

Kayano18

Kayano20

Kayano21

Kayano22

是非、実物を見に来てくださいねーhappy02sign03

 

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅵ

1609_kayano6_doc

2016 9/3(土)~25(日) 木、金曜&9/10休み ←終了しました

10:00~18:00 作家在廊日 9/3、4、24、25 入場無料

昨年に引き続き、六度目の個展です。

一目見たら忘れられない作品がさらに、変化を遂げます。

今回は、マグカップなどの食器に加え、土鍋や手付き鍋など耐熱食器もお目見え。

栢野NEWワールドに、どうぞご期待ください。

~イベントのお知らせ~ ←終了しました

タイルに絵付け体験 9/3(土)、4(日) 11~16時

小皿やコースターに使える9センチの素焼きしたタイルに、カラー釉薬で絵付けをします。

費用2500円。所用時間1時間くらい。先着20名。

※エプロンなど、汚れないためのご準備をお願いします。

 

栢野紀文(かやの のりふみ)

1971 岡山県総社市生まれ

1997 岡山大学大学院教育学研究科美術教育専攻修了 滋賀県陶芸の森に研修生として入る 。朝日陶芸グランプリ受賞

1998 常滑に移る 吉川正道氏のもとで勉強

2004 独立 現在、常滑にて制作

2006、2008、2011、2013、2015に ゆこもりにて、個展開催

全国各地にて、個展・グループ展 多数

 

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

«160826 「世界に挑んだ7年小田野直武と秋田蘭画」展プレミアムトーク@サントリー美術館(六本木)&160826 備忘録

フォト

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック