2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

170203 【ブログ移転のお知らせ】

ブログ移転します♪

 

さて、

いつも、ご覧いただき、ありがとうございますconfidentshine

ココログにて、2006年4月28日にブログを開始して、約12年が経ちました…confident

先日、2Gの容量が一杯になり、記事をアップできなくなりましたweep

新たなブログはこちら→

http://galleryyukomori2.cocolog-nifty.com/

facebookとtwitterもチェック願いますsign03

                

https://www.facebook.com/galleryyukomori

https://twitter.com/galleryyukomori

 

このブログ自体は、アーカイブスとして、残します。

引き続き、よろしくお願いしますhappy02sign03sign03

にほんブログ村 美術ブログへ

    

最後のポチッと、お願いしますねっ♪heart04heart04heart04

2017年2月 2日 (木)

170130 うえだアーツスタッフアカデミー第3期 その③@サントミューゼ(上田市)

みんなで、ワークショップ体験をしました~♪

 

Dsc_5185

Dsc_5188

素晴らしい小ホールを貸切で恐縮…coldsweats02sweat02

Dsc_5186

 

さてさて、連続講座・うえだアーツスタッフアカデミー第3期の3回目は、

実際にメンバーの皆で、ワークショップ(WS)体験をしましたーnote

講師は、パーカッショニストの宮本妥子(みやもとやすこ)さんと後藤ゆり子さん。

パーカッショニストと出会うのは多分初めてconfident

パーカッショニストとは、パーカッション全般の奏者ですね。

お二人はマリンバ奏者みたい

お子さん向けには、ワークショップもされているようで、

今回は、コンサートを企画する前の仕掛けのWSなのかな…note

で、どんなWSだったかというと…

Dsc_5189

まず、「色」から連想する「単語」を列挙

Dsc_5191

その単語から、「詩」を作りheart04

Dsc_5192

「詩」にいろんな打楽器で音をつけ、即興演奏&朗読をするnote

Dsc_5193

Dsc_5194

Dsc_5187

Dsc_5195

具体的には、

3人一組で、ゆこもりのグループは、「水色」を選び、

雨・水たまり・しずく・滝・空といった「水」系、

薄荷・ラムネ・クールバスクリン・ポカリといった「清涼」系、

ドラえもん・パーマンといった「特殊」系などの単語をあげていき、

そこから、

「水色のしずくのこんぺいとう」

「実はインコは雨が好きなんだよ」

「ラムネ食べてるパーマン」

「ソーダを飲んでるドラえもん」

忘れな草オオイヌフグリブルースターみんな小さな花の集まりなんだよ」

という「一行連詩」風にしましたーhappy02

うーむ…think

ここまででも、かなり悪戦苦闘coldsweats01sweat01sweat01sweat01

なにせまだ、会って三回目の大人同士で、

急に共同作業なわけですから、ねwink

で、「詩」に「音」をつけていくのですが、

宮本さんたちが、いろんな打楽器(私物らしいdash)を用意してくださったので、

それがまた興味深い…。

ゆこもりが気になったのは、「バラフォン」。

Dsc_5196

西アフリカの木琴で、木片を並べてその下には、

共鳴用のひょうたんがついています。

これが、乾いたきれいな音がするのですsign03

試しで鳴らしたときに、「水の音」だなあ…、と感じ、

バラフォンを「水色」として取り入れたい一心で、

「水色」まで選んじゃいましたcoldsweats01ハハハ

4グループとも、それぞれに素晴らしい演奏で、演奏順にご紹介すると…

①D「オレンジ」グループは、

みかんとか暖かいというイメージで、沢山の楽器を使っていました♪

②A「みどり」グループは、

小池都知事の「ゆりこグリーン」をイメージしたそう(笑)

なるほどー、ほんといろんな着想がありますよねーgood

「新鮮な気持ち」として、神楽鈴(巫女さんとかが使う鈴)みたいな楽器を

使っていたのが雰囲気出てました♪

③Bが「水色」のゆこもり所属のグループで、上記の通り。

最後の④Cグループが、「紅(くれない)色」で、

焼きいものイメージから、「ポクポク」と太鼓を鳴らし、

楽器を厳選して、一番完成度が高く、まるで演劇のようでした。

まあそれぞれ見事に、色→言葉(単語→詩)→詩を朗読しながら打楽器演奏

というミッションをこなして、それぞれが演奏後の講評で「自画自賛」してましたー(爆)

そして、お二人の講師によるバラフォンの演奏までheart04

スティーブライヒという作曲家の曲だそうで、

ひとつのバラフォンをお二人で同時にたたき始め、

途中少しずつ音をずらして、最後はまた戻るという

ちょっとトランス状態に入りそうな、すごい癖になる演奏でしたgood

バラフォンが、アフリカンな呪術的な感じなのが、

さらに雰囲気を増してたんではないのかなあ…think

Dsc_5197

Dsc_5198

最後の最後には、

本業マリンバでピアソラの「リベルタンゴ」(確か…)の演奏までしてくださいましたhappy02dashdash

Dsc_5199

いやー、いろいろ楽しかった~~~shineconfidentshine

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

2017年2月 1日 (水)

170201 お庚申さま(初庚申の縁日)@信州・浅間温泉

今晩~明日にかけて開催されていますnote

 

1702011

1702017

 

さてさて、

浅間温泉で今晩から明日にかけてあるお祭りのご紹介です。

お庚申さま」といいまして、

市内梓川上野にある真光寺の分祀である浅間温泉庚申堂にて、

毎年、その年で一番早い暦上の庚申(かのえさる)の日である初庚申の日に

縁日が開催されています。

1702018

1702012

1702013

だるまを購入するのがメインみたいで、

すっげー大きいのを持ち帰っている人がいましたーhappy02

1702014

1702015

般若心経の読経がスピーカーで街中まで流れて、

独特の雰囲気になっています…think

1702016

下のホットプラザ浅間前の公園では屋台も出店中♪

1702019

浅間温泉の女将さん会も頑張ってまーすgood

17020110

ほんと、独特の雰囲気ですので、是非ーhappy01note

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

2017年1月29日 (日)

170129 未来を拓く自治と協働のまちづくりを目指す研究集会 松本大会 第4分科会 地域みりょく発見!

いろいろと勉強になりました…confident

 

1701291

1701292

 

さてさて、

昨日・今日と

未来を拓く自治と協働のまちづくりを目指す研究集会 松本大会」が開催されました。

「自治と協働のまちづくり」…って何?coldsweats01sweat02

平たく言うと、信州では盛んな公民館活動などを通じて、

市民がどのように社会と関われるか、というもの。

ゆこもりは「第4分科会 地域みりょく発見!」に参加。

まずは松本の4つの事例報告から。

1701293

公民館講座の実例から、公民館の出来ること・役割についての考察

1701294

クラフトフェアまつもとの事例から、「小さなことからコツコツと」

1701295

コーディネーターの倉澤さんと今回のコメンテーターの丸山傑さん。

1701296

丸山さんは、地域のコミュニティデザインに関わるstudio-Lの一員で、

東北芸術工科大学の先生。

1701297

この図はよかったなあ。

ワクワクとか「楽しさ」はわかりやすいけど、「正しさ」というのが面白い。

やはり、「そこ」の魅力にいかに気づいて、「それ」をどう活かすか…なのですねえthink

1701298

探られる島」という言葉も、キャッチ―♪

1701299

エリア「外」の巻き込み方とか、どうしたんだろうなあ。

17012910

最新の事例は、東北芸術工科大の学生さん主導で、

山形市民同士の「学び合い」という情報共有♪

17012911

17012912

面白そうだなあ~♪

すぐにでもイベントでやりたくなる感じhappy01

17012913

この図が現状をまさにとらまえていて、

「行政が住民にやってほしいこと」と

「住民がまちのためにやりたいと思っていること」とのギャップを

どうマッチングさせるか。

これは、試行錯誤しかないのかあshock

なんか、面白いことしていたら、解決しちゃったsign02

…みたいな仕掛けできないですかねbleah

17012914

最後は、上記を受けての「松本市稲核(いねこき)地区」の

課題についてのディスカッション・アイディア出し。

ゆこもりも、これからさらに、

いろんな方に関わって頂くにはどうしたらよいか…think

まあ、小さなことからコツコツと、ですねーshineconfidentshine

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

2017年1月23日 (月)

170122 ガラス工房リトグラス(永木卓・田中恭子)工房開き♪

松本にガラス工房がオープンしましたーsign01

 

1701221

 

さてさて、

ゆこもりとは、以前から知り合いのガラス作家ご夫妻の工房が、

松本市内にオープンしましたheart04

おめでとうございまーすhappy02dash

そして、松本に工房を立ち上げてくださり、ありがとうございますnote

1701222

お二人とは、あづみ野ガラス工房でお会いしてから。

田中恭子(タナキョー)さんとは、もう10年近く前からかな。

工芸の五月の関連イベントをされたり、

クラフトフェアまつもとに出品もしているので、

ご存じの方多いかも。

永木さんとは、それよりすこしあとで、やはりあづみ野ガラス工房で、

作品が気になって、声を掛けたのを今でも覚えてます。

声をかけるなんてこと、それ以来やっていないから、

なんか、不思議なご縁ではあります。

工房は、お二人のこだわりが随所にnote

1701223

1701224

なんと、お二人お手製sign02の機材いろいろshine

1701225

1701226

個人工房で、ここまでいろいろと整っている所は見たことないな…wink

1701227

永木さんが木工作家さんとコラボした作品♪

1701228

1701229

工房作り、ほんと頑張りましたねーhappy01

素晴らしい…note

今後、徐々に吹きガラス体験や

キルンワークのワークショップも出来るかも~winkup

楽しみですshineconfidentshine

ガラス工房リトグラス(RITOGLASS STUDIO) HP

http://www.ritoglass.com/pg162.html

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

2017年1月22日 (日)

170122 「杉本博司ロスト・ヒューマン」展と「トーマスルフ」展についての考察

面白い批評(考察?)を見かけましたので…

 

16090911

「杉本博司ロスト・ヒューマン」展

16122764

「トーマスルフ」展

 

さてさて、

先ほど、金沢21C美術館で開催中の

「トーマスルフ」展をアップしましたが、

それと昨年アップした杉本博司ロスト・ヒューマン」展とを

考察したものを見かけたのでご紹介note

ゆこもりはまあ、批評・考察とかを出来るような知識や見識を

持ち合わせているわけではありませんが、

この二つを繋げて観ることの面白さが気になりました…。

ので、単純に共有したいので…coldsweats01

それは、「ECRIT」(エクリヲ)という批判誌のWEBに掲載されている

松房子さん

『ランドスケープとしての写真展――「トーマス・ルフ」、「ロスト・ヒューマン」展から』

http://ecrito.fever.jp/20170105220058

是非、一読して頂いてからどうぞ。

で、いろいろ勉強になったのですが、

まず、杉本博司とトーマス・ルフは、「コンテンポラリーフォトの寵児」だそう。

コンテンポラリーフォトって??と早速つまづいたのだけれどcoldsweats01

ちょこっと調べてみても、何となくはわかっても、イマイチわからない…。

途中、ストレートフォトグラフィなんて用語も出てきたりして。

あと、『実際に作品の前に立たねば、写真を見ることが出来ない。』というのも、

なるほどー。

確かに、杉本さんの展示は、写真一ジャンルだけをとっても、

その写真の大きさや量的な陳列で、その場に立ち会わないと「見た」こと(実感)にはならないし、

トーマスルフも、ブログに書いた通り、

展示風景の写真だけでは、そのスケール感とかは到底伝わらないなーと感じました。

でも、この「見た」ということは、

写真という複製可能な作品では「見た」ことにされる、と。

まあ、複製作品だけではないけど、そういうことってありますよね…wobbly

昨年7月に、ゆこもりで開催した小嶋三樹展もまさにこれsign03

とにもかくにも、このお二人の展示は、「体感」しないとgood

なので、杉本さんの展示なんかは特に昨年、

ギャラリーに来た方にはかなりオススメしちゃったわけで…confident

ということで、「トーマスルフ」展は3/12まで開催中ですょwinkshine

~追記~

それと…

東京都写真美術館が、杉本さんという写真家ではありますが、

インスタレーションに長けた「現代」アーティストを扱ったことに対して

「写真のキュレーターが現代美術のキュレーションも行ってしまうガサツさ」

と言っちゃっているところが、なんともーhappy02

すてき…note

「写真」美術館と標榜している以上、

せめてリニューアルのこけら落としは、

その土台で勝負してほしかった…という願望が、

四角四面なゆこもりにはあったのですが、

それを代弁してもらった気がしましたnote

(あ、ゆこもりが勝手にそう解釈しただけですがcoldsweats01sweat01

だって、木場(東京都現代美術館)でやれば広いしいいじゃんsign01

って思えたんですものcoldsweats02

(まあ、リニューアル中で長期閉館中ですけどぉ)

面白いですねっ、いろいろな感想や意見を見てるとheart04

あ、あと、写真美術館をフォローすると、

勿論、杉本さんをやってくれたのは嬉しかったんですよhappy02

いろいろめんどうナ展示とか、すごーく頑張ったと思います…。

(ん?高飛車??上から目線だったら失礼しました…coldsweats02

今後是非、写真の「王道」も見させてくださいませ…confident

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

2017年1月21日 (土)

161227 企画展「新年を祝うめでたいしるし」@中村記念美術館(金沢)&161227 備忘録

中村記念美術館はいつも素晴らしい♪

 

16122710

16122711

雪吊りの季節となりました…confident

16122712

 

さてさて、

年末、金沢に行って来た

金沢での展覧会のご紹介その3です。

1月29日(日)まで、中村記念美術館で開催中の

「新年を祝うめでたいしるし」展confident

中村記念美術館は、もう何度もご紹介していますが、

本当にいい展示を毎回されるのですhappy01

工芸のお宝・至宝を見たい方は是非オススメですgood

しかも、21c美術館とかにも近いsign01

今回は、「新年を祝うめでたいしるし」ということで、

まあ目出度いめでたいnote目出度いもの尽くしhappy02

こちらも今回は、撮影可能でしたので、お裾分けheart04

16122713

16122714

青貝竜文軸盆(明時代)

16122715

青磁鯉耳花生(明時代)

竜門を登った鯉は龍になり、立身出世の象徴で目出度いんですね。

16122716

漆絵四方膳 海老(柴田是真

16122717

朝敦・子の日・重陽(紺谷光俊

16122718

宝尽熨斗押(山尾光侶:明治時代)

16122719

熨斗を押さえるものとはっsign01カワイイnote

16122720

亀香合(樂慶入:江戸時代)

樂家は結構、こういう茶碗以外のものも作っているんですよねー。

16122721

菓子付きのお抹茶も、金沢ならではの大樋焼で頂けたりもしますし、

鈴木大拙館とかにも、遊歩道で繋がっていますので、いつか是非一度。

中村記念美術館 HP

http://www.kanazawa-museum.jp/nakamura/index.html

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

» 続きを読む

161227 「トーマス・ルフ」展@金沢21C美術館(金沢)

写真の可能性♪

 

16122760

16122761

 

さてさて、

年末、金沢に行ったので、

金沢での展覧会のご紹介その2です。

3月12日(日)まで、

金沢21C美術館で開催中の「トーマスルフ」展confident

トーマス・ルフさんは、1958年ドイツ生まれ。

美術館で開催される本格的な初の回顧展で、

東京国立近代美術館からの巡回です。

金沢21C美と近美の巡回とは珍しい気がします…。

この展示は、写真撮影okでしたので、

ジャンジャンお裾分けしますねーgood

まず、1~2室。

16122762

16122766

16122763

今回の目玉、「Porträts」シリーズ。

ポートレートがデカいsign03

16122764

写真だと、なかなかスケール感が伝わらないですよねえ…coldsweats01sweat02

「Sterne」シリーズ

南米に設置された高性能天体望遠鏡で撮影されたネガを基にしているそう。

16122765

3室~

「andere Porträts」シリーズ

実際にドイツの警察で使われていたモンダージュ

写真合成機を使用して制作しているそう。

実際に居そうでいない人々。

なるほどなぁthink

16122767

16122768

16122769

「Nachte」シリーズ

微光暗視装置を使い撮影。

湾岸戦争で見た「あの映像」を彷彿とさせるもの。

確かにこの緑の映像は、最新技術の凄さと惨さ、

まるで戦争がゲームのように見えた覚えがあります…shock

16122770

cassini」シリーズ

NASAが1997年に打ち上げた宇宙探査船cassiniが撮影した

土星とその衛星の画像を素材にした作品。

16122771

「photograms」シリーズ

カメラを用いず感光紙上に物体を置いて直接露光し、

その影や透過する光をかたちとして定着させる1920年代に出来た技法を進化させて、

コンピューター上のヴァーチャルな「暗室」で物体の配置と彩色を自在に操作し、

最終的な像をつくりあげているそう。

16122772

何かの結晶か?キレイ…shine

16122773

「jpeg」シリーズ

デジタル画像の解体が主題。

圧縮率を高めすぎるとブロックノイズが発生し、

画面がモザイク状になってしまうという、この画像フォーマットの特性を用いて、

画像の構造そのものを視覚化しているとのこと。

16122780

「l.m.v.d.r」シリーズ

建築家ルードヴィッヒ・ミース・ファン・デル・ローエの建築物に関する写真シリーズ。

16122781

16122779

「Substrates」シリーズ

日本の漫画やアニメから取り込んだ画像に

原形がわからなくなるまでデジタル加工を繰り返し、

画像から意味や情報を剥ぎとっているそう。

16122782

他のシリーズもいろいろ♪

16122774

これも伝わりづらいですが、両目で見ると立体になります♪

16122775

「press++」シリーズ

16122776

16122777

新聞社とかの記事原稿をうらおもて両面を浮き彫りにしています。

16122778

16122783

写真の可能性をまた、見させてもらいましたーhappy02

「トーマス・ルフ」展 HP

https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=17&d=1738

http://thomasruff.jp/

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

161227 「工芸とデザインの境目」展@金沢21C美術館(金沢)

「工芸とデザインの境目」だそうです…

 

16122753

 

さてさて、

年末、金沢に行って来れましたので、

金沢での展覧会のご紹介その1です。

まずは、3月20日(月)まで、金沢21C美術館で開催中の

「工芸とデザインの境目」展からconfident

16122750

16122751

16122752

年末、お休みのせいか、

すっごい並んでいました…coldsweats01sweat01sweat01sweat01

残念ながら、展示室内は写真撮影ngだったので、

写真はこれだけですgawk

内容はというと…。

監修をされたのが、

プロダクトデザイナーの深澤直人さんということ

深澤さんは、日本民藝館の現館長さんでもあるので、

もちろん、民藝にも造詣がおありではあるのですが、

やはり、そこはプロダクトデザイナーさん。

白とガラスを基調とした、21美の雰囲気に合う、ステキなキレイな展示でした。

21_21 DESIGN SIGHT(六本木)にも、似合う感じ。

「工芸」を「KOGEI」として、世界発信していくさきがけなのか、な。

プロダクトデザインのお好きな方は是非note

「工芸とデザインの境目」展 HP

https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=17&d=1736

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

170120 うえだアーツスタッフアカデミー第3期 その②@サントミューゼ(上田市)

コンサート企画・運営の手始めに…

 

1701201

1701206

 

さてさて、

今回も、往復3時間弱かけてサントミューゼに行って来ましたー。

お隣ですが、峠を越えるので、結構遠いのですcoldsweats01sweat02

前回に引き続いて、ワークショップ(以下WS)の詳細について。

(あくまでも、備忘録の要素多めですので、諸々ご了承くださいませ…)

今回は、3グループに分かれて、

「上田に若者が訪れるような仕事(イベント、店、場所、人など)をつくる」

をテーマにして、ワールドカフェ形式のディスカッションをしました。

ゆこもりも、新たなスペースを画策しているところですので、

まさに、うってつけのテーマsign03

1701202

意見を言ったら、それを紙に書いていきます。

1701203

1時間余りで、いろんな意見が出ました~♪

1701204

1701205

他のチームの様子♪

今回、ゆこもりはAチームのとりまとめ役に(じゃんけんで)なったので、

他のチームには、廻れなかった…crying

ゆこもりのチームとしては、

まず、若者の得意分野に目をつけて、そこに活路を見出すこと。

例えば、ゲームやアニメ・漫画・コスプレ、IT関連が出来る場所作りとか。

他には、上田の特長を生かしたこと。

例えば、合唱が盛んということで、そのイベントだったり、

空いている蔵が多いので、それを活用できないか、などなど…。

まあ、すぐに何か結論が出るわけではないけれども、

いろいろ有意義なお話しが伺えましたー。

改めて、性別や世代など、いろんなことを越えて集える場所、

『ゆったり話せる場所が求められている…と感じました。

今まではそれが「カフェ」だったのですが、

最近は「ゲストハウス」+αになったりしていますね。

ゆこもりはもう少し「違った何か」はないのかなあ…と思考錯誤中ですconfident

次回はアーティストと会えるそうなので、楽しみ…shineconfidentshine

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

2017年1月15日 (日)

170114 「地域をつくる市民プロデューサー~芸術文化に地域をつくる力はあるのか~」芸術文化の未来学Ⅲ@松本市芸術館

今期もなかなか熱かった~♪

 

1701141

 

さてさて、

地域をつくる市民プロデューサー~芸術文化に地域をつくる力はあるのか~」

(以下、地域プロゼミ)芸術文化の未来学Ⅲのご紹介です。

以前も当ブログにて、ご紹介したことがありますが、

地域プロゼミというのは、信州大学の人材育成講座です。

ゆこもりが関わらせて頂いているのは、松本・上田地域で、

「地域らしさ」を創り出す芸術・文化を持続的な活動として、

マネジメントできるプロデューサータイプの人材育成を目指すというもの。

受講されているのは、学生さんから社会人、主婦やリタイヤされたおじさまなど様々confident

本当は、ゆこもり自身が、受講したいくらいなのですがcoldsweats01

お店があるので、冬季休業の間だけ、お手伝いをさせてもらっています。

既に2期生まで修了生がいて、各地域でご活躍の方も多くいらっしゃいますgood

いつも、すごい刺激をもらっていますsign03

今日もいろんな、やりたいこと・課題を20名くらいの受講生が持ち寄り、

それぞれプレゼンして皆から、アドバイスをしてもらうという作業を一日していました。

ゆこもり自身も受講生同様、どうしていこうか…と思案真っ只中ですので、

受講生皆さんの悩みは、まさに私の悩みでもあるのです…。

1701142

松本芸術館の一室にて。

こんなところあったんですねえ…。

1701143_2

いろいろとステキな言葉を手に入れましたので、ちょっとお裾分けnote

sun人への意見は自分への確認。←まさにsign01いつも自分に言いきかせながらアドバイスさせてもらってます。

sun目的と手段の明確化←ほんと、その通りですよねえ…coldsweats01sweat01

sun自分が楽しくないと。←じゃなきゃ、ねぇ~winkshine

sunとらわれない。一度捨ててみる。←ふ、深い…think

ゆこもりが思ったこと。

sun本当にそれをしたいの?したいなら、具体的に見せてみよー♪

これはゆこもりが、ずっと思っていながら出来ていないことで、

少しずつでも、実際に見せていくことで、

面白いsign01と思ってもらえたり、何か反応もあるのでは、ということ。

「石橋を叩いては壊す」ゆこもりとしては、ほんと、課題ですsweat02

この地域プロゼミは、各々の地域にどのようにアプローチしていけるか、

というのが目的でもあるので、自分で楽しんでやっていることが、

周りにもいい波及効果があるというのが理想なんですよね。

は、はい。頑張ります…coldsweats01sweat02

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

«170112 うえだアーツスタッフアカデミー第3期 その①@サントミューゼ(上田市)

フォト

カテゴリー

最近のトラックバック